背を伸ばすにはどうしたらいいの?

背を伸ばしたい せのびーる

  • 成長期なのになかなか体が大きくならない
  • 周りの子と比べて身長が低い気がする
  • 親の身長が低いから、子供の身長も伸びないかもしれない
  • 丈夫に、元気にたくましく育ってほしい

お子さんがいる方、とくに成長期のお子さんがいるご家庭ではこのような悩みを抱えている方も多いかと思います。
背を伸ばすには栄養のある食事と適度な運動、質の良い睡眠をとることが大切です。
誰もが知っている基本的なことですが、生活習慣の基本となる部分だからこそ、気を付けなくてはいけないポイントがあります。

 

せのびーる 効果 栄養

身長と遺伝は関係ない?

身長 遺伝 せのびーる

以下の計算式を使うと、両親の身長から子供の身長を予測することが可能です。

男の子の場合の計算式
(父親の身長+母親の身長+13)÷2=男の子の予測身長

女の子の場合の計算式
(父親の身長+母親の身長-13)÷2=女の子の予測身長

我が家の場合は男の子がいて、夫の身長が171cm、私の身長が149cmですので、
(171+149+13)÷2=166
子どもの予測身長は166cmということになります。
男の子の身長としては、少し低いのが心配なので、もう少し背が伸びてほしいと思っています。

しかし上記の計算式は、身長が遺伝の影響を100%受けると仮定した場合のものです。
実際には、身長は遺伝の25%~30%程度しか影響を受けないと言われており、残りの約70%は、生活習慣などの後天的な要因で伸ばすことができるのです。
努力次第で身長が伸びるのであれば、やらない手はありませんよね。
事実、日本人の平均身長は60年間で10センチ以上も伸びています。
身長が遺伝で全て決まるのであれば、平均身長が高くなり続けるということはありません。
このことからも、身長を高くするためには、遺伝よりも生活習慣や食事が大切だということがわかります。

背を伸ばしたいのならせのびーるがおすすめ!

せのびーる おすすめ 効果

成長期の子供を持つママ達の口コミで話題の、”せのびーる”というサプリメントをご存知ですか?
せのびーるは成長期の子供に必要なたくさんの栄養を含んだサプリメントで、身体が丈夫になり、背が伸びる効果があると人気のサプリメントです。
私も、ママ友から教えてもらってせのびーるの購入を決めました。
背を伸ばしたいのであればカルシウムがたくさん含まれる牛乳を毎日飲んでいればいいと思っていたのですが、せのびーるの公式サイトを見て、それだけでは足りないのだと勉強になりました。
せのびーるの公式サイトはこちらから確認できます。
せのびーるにはバランスの良い栄養素を配合しているだけでなく、成長ホルモンの分泌を助けてくれる成分が入っているところも購入を決めたポイントです。
成長期は短く、あっと言う間に過ぎてしまうので、「子供のころにもっとああしてやればよかった」などと後悔しないためにも、できることは早めにしておこうとも思いました。

>>>せのびーる公式サイトはこちら<<<

成長ホルモンとは?

成長ホルモンとは脳下垂体前葉から分泌されるホルモンで、骨や筋肉を大きくする働きがあります。
骨が縦に大きくならなければ身長は伸びないため、身体の基礎が出来上がる成長期にはとても大切なホルモンです。
成長ホルモンはその名の通り、子供の成長には欠かすことのできないものです。
成長ホルモンは骨格や筋肉を発達させて背を伸ばすだけではなく、脂肪を燃焼させたり、免疫力を上げる役割も持っています。
子供だけでなく、大人にも身体の恒常性を維持するためにとても重要な役割を担っているホルモンです。

寝る子は育つって本当?

本当です。
成長ホルモンは、運動時や睡眠時に多く分泌されます。
昔からよく「寝る子は育つ」と言われているのはこのためです。
特に、就寝してから約3時間後と、22時~深夜2時の時間帯に成長ホルモンが多く分泌されるといわれています。
しかし、成長期である中学生や高校生になると、学習量や部活動などの時間が増え、更にはインターネットやスマートフォン、ゲームのし過ぎで、就寝時間がどんどん遅くなる傾向にあります。
入眠時間が深夜近くまで遅くなってしまうと、せっかくの成長ホルモンが多く分泌される時間帯を逃してしまうことになるため、背が伸びにくくなってしまいます。
急に生活習慣を変えることは大変ですが、夜更かしせずに、なるべく早寝早起きができるように心がけましょう。

成長ホルモンをたくさん分泌させるには

成長ホルモン 分泌 せのびーる

睡眠のゴールデンタイムと呼ばれる22時~深夜2時にかけて熟睡することで、より多くの成長ホルモンを分泌することができます。
しかし、ただ眠るだけでは質の良い睡眠ができると言うことはできません。
しっかり寝ているつもりでも、寝る前に身体と脳が十分にリラックスした状態でなければ、深く熟睡することができないのです。
せのびーるにはカルシウムを始めとした、成長期に必要な栄養素に加え、成長ホルモンの分泌を促すアルギニンが含まれているため、短い成長期の間にしっかりと背を伸ばしたい人におすすめのサプリメントです。

|おやつ代わりに食べて成長を応援!>>>せのびーる

熟睡するための5つのポイント

成長ホルモンがたくさん分泌するように熟睡するためには、いくつかのポイントがあります。
その方法を、大きく5つに分けて紹介します。

寝る4時間前には食事を終わらせる

胃に食べたものが残っている状態だと、寝てる間も脳から消化ホルモンが分泌されるため、成長ホルモンの分泌の妨げとなります。
また、寝ている間は起きているときよりも消化に時間がかかるため、朝起きた時にお腹が減らなくなり、朝食を食べられなくなってしまいます。
就寝の4時間以上前に食事を終わらせることが理想ですが、難しい場合は最低でも2~3時間前までに食べ終わるようにしましょう。
また、早い時間に夕食を食べて、寝る前にどうしてもお腹が減ってしまった場合は、マグネシウムの多いナッツ類や、カリウムを多く含んだバナナなどを少量だけ、ゆっくりよく噛んで食べるようにしましょう。

入浴は寝る1時間前までに終わらせる

入浴は全身の血行を良くし、リラックス効果も高いため、一日の疲れをとるためにとても有効です。
しかし、入浴後すぐは体温が高くなっているため寝つきが悪くなり、熟睡できません。
人間の体は睡眠する準備のために手足から体の熱を放出し、体温を下げます。
また、人間の体には恒常性があるため、体温を一定に保つために、入浴によって上がった体温を下げようとします。
恒常性を維持するために入浴で温まった体が1~2時間かけてゆっくりと自然に下がることで、眠りにつきやすくなり、リラックスして熟睡できます。

早起きをする

早寝早起きは身長を伸ばすための基本です。
しかし、習慣として身についていないとなかなか早寝早起きを実行するのは難しいですよね。
そこでまずは、早起きを実行します。
前日の寝る時間が遅くても、頑張って早起きをすれば、その日の夜早い時間に眠たくなり、次の日も早起きをしやすくなります。
毎日決まった時間に起きることを心がければ体のリズムも整い、成長ホルモンの分泌も正常になります。

朝食をきちんと食べる。

栄養はすべての身体の機能の源です。
特に朝食は消化吸収機能の働きが良く、身体を目覚めさせるという役割もあります。
朝起きてすぐにごはんを食べることが出来ないというお子さんもいるかと思いますが、そのような場合は、夕ご飯の時間帯を早めたり、早起きを意識することで、朝ごはんの時間にお腹が減って、しっかりと朝食をとれるようになります。

適度な運動をする

昼間に運動をすることで体が適度な疲労を感じ、入眠しやすくなります。
近年の子供はスマートフォンやゲームで遊ぶことが多いため、外で体を動かす機会が少なく、運動量がどんどん減っています。
運動をすることで骨に刺激が伝わり、骨の代謝が良くなるので、骨が縦に大きく伸びて身長を伸ばすことができます。
成長ホルモンは睡眠時だけでなく、運動時も分泌されるため、背を伸ばしたいのであれば学校の体育の時間だけでなく、意識して運動する機会をつくるようにしましょう。

せのびーる 効果 栄養

成長ホルモンが分泌されない!?

先ほども書いたように、子どもの運動時間が年々減ってきています。
室内でゲームをして遊ぶ子供が増え、公園にいても友達と一緒に携帯ゲームで遊ぶ子供の姿もよく目にしますよね。
運動時間の減少と共に、平均睡眠時間も少なくなっています。
寝る直前までゲームやスマートフォンの明るい画面を見つめているために熟睡できず、夜更かししがちになってしまっています。
運動時と熟睡時に分泌される成長ホルモンですが、このような理由から成長ホルモンの分泌が妨げられ、身体のリズムが崩れてしまい、正常に成長ホルモンが分泌されない子どもが増えています。
著しく身体が変化する成長期の間にしっかり身長を高くするためには、生活習慣の見直しと共に、せのびーるなどのサプリで栄養と成長ホルモンの分泌をサポートする必要があります。
せのびーるに含まれるRBS(米ぬか多糖体)には、成長ホルモンの分泌を正常にする働きと、免疫力を向上させる働きがあります。
また、アミノ酸の一種であるアルギニンは、成長ホルモンの分泌を促進してくれます。
子どもは体内でアルギニンを生成できないため、食事やせのびーるなどのサプリメントで意識的に摂取する必要があります。

成長ホルモンが足りないと肥満になる!?

セノビール 成長ホルモン

成長ホルモンには骨と筋肉を大きくする働きだけでなく、脂肪を燃焼させる効果もあります。
運動する時間が減っていることに加えて成長ホルモンの分泌が通常より少ないとなると、肥満傾向になるリスクが増加してしまいます。
また、成長ホルモンの分泌を促す働きのあるアルギニンですが、肉類に多く含まれているため、脂肪分も一緒に摂取することとなり、これも食べすぎると肥満の原因となってしまいます。
アルギニンは通常では非必須アミノ酸に分類されるのですが、子どもの内は体内で生成することができないので、必須アミノ酸とされています。
効率よくアルギニンを摂取するためにも、背を伸ばすためにも、RBS(米ぬか多糖体)とアルギニンが配合されているせのびーるをのむことをおすすめします。

>>>せのびーるの詳細(公式サイト)はこちら<<<

必須アミノ酸と非必須アミノ酸とは?

人間の体は、約70%を占める水分と、約20%を占めるたんぱく質が主な成分です。
タンパク質というのは数多くのアミノ酸の集合体で、人間の体を構成しているアミノ酸は20種類存在します。
人体を構成する20種類のアミノ酸は、必須アミノ酸と非必須アミノ酸の2グループに分類されます。
必須アミノ酸とは、体内で作ることができるアミノ酸です。
非必須アミノ酸とは必須アミノ酸と違い、体内で作り出すことができないため、食べ物やサプリメントから摂取する必要があるアミノ酸のことを指します。

必須アミノ酸
体内では合成されず、必ず食物から補給しなければならない

  • バリン
  • イソロイシン
  • ロイシン
  • メチオニン
  • リジン(リシン)
  • フェニルアラニン
  • トリプトファン
  • スレオニン(トレオニン)
  • ヒスチジン

非必須アミノ酸
体内で合成できるが、様々な働きがあるため、摂取したいアミノ酸

  • アルギニン
  • グリシン
  • アラニン
  • セリン
  • チロシン
  • システイン
  • アスパラギン
  • グルタミン
  • プロリン
  • アスパラギン酸
  • グルタミン酸

アルギニンは非必須アミノ酸に分類されていますが、先ほども書いたように、子どもは体内でアルギニンを作ることができません。
子どもにとってアルギニンは必須アミノ酸となるため、毎日の食事だけでなく、サプリメントのせのびーるで積極的に摂る必要があります。

アルギニンの重要性

せのびーる アルギニン

アルギニンは成長ホルモンだけでなく、インスリンやグルカゴンの分泌を促進する役割も担っています。
インスリンは血糖値を下げるための重要なホルモンです。
インスリンが正常に働かないと、人間の活動に必要不可欠な血液中のブドウ糖を細胞に取り入れることが出来なくなってしまいます。
脳や筋肉の活動にもブドウ糖は深く関わりがあるため、インスリン(インシュリン)の分泌を不足させないためにもアルギニンが必要です。

グルカゴンはインスリン(インシュリン)とは逆に、血糖値を上げる役割を担っています。
血糖値は下がりすぎても上がりすぎてもいけないため、インスリンだけでなく、このグルカゴンが一緒にきちんと作用することで血糖値を良い状態に維持することが可能となります。
体脂肪をエネルギーとして使用できる状態にするためには、グルカゴンの分泌が必要となります。
また、グルカゴンにはインスリンや成長ホルモンの分泌を促進する効果もあります。

成長ホルモン、インスリン、グルカゴンの分泌を促進する働きのあるアルギニンは、不足すると血行不良や免疫力の低下、内臓の機能低下や肥満などを引き起こす恐れがあります。
先ほども記述したように、子どもの頃はアルギニンを体内で生成することができません
せのびーるには成長期に必要なビタミンやミネラルなどの栄養素に加えて、自己防衛機能を上げるRBS(米ぬか多糖体)、アルギニンが含まれています。
お子さんの丈夫な身体づくりのためにも、すくすく育つための成長のサポートのためにも、毎日のおやつと一緒にセノビールを食べることをおすすめします。

背が伸びると口コミで話題!せのびーるの詳細はこちら

せのびーるって食べられるの?

せのびーるはサプリメントですが、”飲む”というより”食べる”ことをおすすめします。
せのびーるを1週間分お試しできるキャンペーンに登録し、届いたせのびーるのサンプルを開けた時はちょっとびっくりしました。
ちなみに、せのびーるのお得なキャンペーンの詳細はこちらから確認することができます。
子供向けのサプリメントなので、小さな粒のものが届くと思っていたのですが、実際に手にしてみると、直径約1センチもある大きなタブレットでした。
画像を見ていただいても、せのびーるの一粒の大きさがわかるかと思います。

せのびーる モニター サンプル

うちの息子は薬が大の苦手なので、これでは絶対に飲めないし、そもそも絶対に口にしてくれないと思いました。
しかし、パッケージを良くみると、そのまま”食べる”ことができると書いてありました。
せのびーるはアメのように舐めても、お菓子の様にポリポリと食べることもできるのです。
たしかに、パッケージを開けた瞬間から、ココアの甘くて美味しそうな香りがしていました。
そのまま与えても息子はきっと飲んでくれないと思ったので、試しに息子にはサプリメントではなくタブレット菓子として与えてみました。
好き嫌いが激しく、薬がすごく苦手な息子ですが、せのびーるは飴のように舐めながら美味しいと言って、一日の目安量である二粒を食べてくれたのでほっと一安心しました。
一週間、サンプルで送ってもらったせのびーるを飲ませて(食べさせて)みた感想としては、親である私もすごく楽でした。
せのびーるを飲ませる前は、ロート製薬から発売されているセノビーという商品を買って毎日飲んでいたのですが、牛乳に混ぜて、ダマにならないようにきれいに溶かしてから飲ませるのが正直面倒でした。
牛乳や甘いココアを飲んだ後のグラスを汚れがこびりつかないうちにすぐ洗わないといけないという手間もあったため、それに比べるとせのびーるは本当に続けやすいです。
お菓子が大好きな息子ですが、せのびーるをおやつ代わりに食べることで、自然と他のおやつの量が減りました。
以前はお菓子でお腹がふくれてしまうために、夕食の時間にお腹が減らず、ご飯を残してばかりでした。
また、おやつをあまり食べていなくても、好き嫌いが多いために、栄養バランスを考えた食事を作っても食べてくれなかったので、きちんと栄養が足りているのか毎日心配していました。
毎日お菓子ばかりたくさん食べて、夕飯は残してばかりであまりきちんと食べきってくれなかったので、この変化は親としてすごく嬉しいです。
せのびーるをおやつ代わりに食べることでお菓子の量が減るだけでなく、手軽に不足しがちな栄養素を補給できるのは本当にありがたいです。

せのびーるのお得なキャンペーンとは?

モニター セノビール

せのびーるが期間限定で募集しているモニター登録キャンペーンがすごくお得です。
私がママ友にせのびーるをおすすめされたときにせのびーるの公式サイトを見たら、ちょうどこのキャンペーンをやっていました。
いきなり定期購入をするのではなく、まずは少量をお試しできるのは良いと思ってモニターに登録してみました。
通常せのびーるを購入すると4,000円以上するのですが、このキャンペーン中にモニター登録をすれば、一週間分のせのびーるをたったの500円でお試しすることができます。
私の息子は、先ほども書いたように、好き嫌いが激しく、薬も苦手なのでサプリメントの購入には尻込みしていたところもあったのですが、ママ友の勧めと、ワンコインの500円ならいいか、という気持ちで申し込みをしてみました。
ちなみにせのびーるの500円モニター登録の専用ページはこちらです。
※期間限定のキャンペーンのため、ページをご覧のタイミングによってはキャンペーンが終了している場合がございます。

500円モニター登録で定期購入がお得に!

せのびーるのモニター登録をして、サンプルが送られてきた箱を見てみると、チラシが2枚入っていました。
モニター登録キャンペーンを利用することで、せのびーるの定期購入がさらにお得になるという内容のものです。
せのびーるは子供の身長を伸ばすことと、栄養不足を補いたいという気持ちで購入しましたが、当然、一週間では自分の望むような結果はでません。
人間の身体を急激に変えることはできないので、どんなに高い効果を誇る薬やサプリメントでも、最低でも半年はきちんと毎日飲み続けなければ、その効果を感じるのはなかなか難しいと思います。
半年以上の長期にわたってせのびーるを飲み続けるのであれば、できるだけ安くお得に購入したいですよね。
しかも、同じ商品を安く買えるとわかっているなら、利用しないてはないですよね。
せのびーるは、今現在行っている500円のモニターに登録すると、定期購入が初回半額以下で買うことができるんです。
せのびーるを1週間分500でお試しできるのもお得ですが、30日分のセノビールを半額の2,000円以下で購入できるのはすごいですよね!
次回以降も30%オフで購入出来て送料も無料です。
せのびーるは美味しく食べることができ、セノビックやセノビーのように牛乳に溶かす手間もありません。
せのびーるのその飲みやが続けやすいと人気ですが、親としてはおサイフに優しいところも続けやすいポイントですよね。

>>>せのびーるの500円モニターの詳細はこちら<<<

牛乳のカルシウムは吸収できない!

カルシウム 吸収できない せのびーる

牛乳を飲んで、お腹がなんだかゴロゴロしてしまうことはありませんか?
私の息子は牛乳を飲んでお腹の調子が悪くなることは無いのですが、私はどうしても体質に合わないようで、牛乳を飲むとお腹の不快感がしばらく続いてしまします。
調べてみると、日本人のほとんどの人が、牛乳の成分を分解するための酵素を体内に持ち合わせていないそうです。
牛乳には乳糖(ラクトース)と呼ばれる糖質が含まれているのですが、多くの東洋民族はこの乳糖を分解するために必要な”乳糖分解酵素(ラクターゼ)が無い、もしくは不足しているそうです。
そのため、牛乳を飲むと消化不良を起こし、お腹がごろごろしたりゆるくなったりしてしまうそうです。
しかし、母乳や粉ミルクを飲んでお腹を下してしまう乳幼児がいないように、子どものころはこのラクトース(乳糖)を分解できるラクターゼを日本人でも多く持ち合わせています。
赤ちゃんのときには母乳を飲んで栄養を吸収するために乳糖分解酵素(ラクターゼ)が必要となりますが、大人になると母乳を分解・吸収する必要が無くなるため、徐々に乳糖分解酵素(ラクターゼ)の体内濃度が薄くなるようです。
乳糖分解酵素(ラクターゼ)は離乳期のころからだんだんと減っていってしまいます。
ですので、日本人の子どもは牛乳の栄養のほとんどを分解・吸収することができません。
しかし、カルシウムは骨や歯の主成分で、特に骨が大きくなる成長期には欠かせない栄養素です。
カルシウムを多く含む牛乳では摂取が難しいため、子どもにはせのびーるでカルシウムを補給する方法をおすすめします。

骨を強く丈夫に!効率の良いカルシウム補給にはせのびーる!

牛乳を飲むとカルシウム不足になる!?

せのびーる 背を伸ばす

背を伸ばす=牛乳(カルシウム)というイメージが根強くありますが、実はその常識は間違っているかもしれません。
日本よりも牛乳やチーズ、バターやヨーグルトを多く食べる欧米諸国では、日本人よりも骨粗しょう症患者が多いというデータがあるそうです。
人間の体は大きな変化が起こらないよう、常に恒常性を維持する機能(ホメオスタシス)が働いています。
恒常性とは、身体が内部や外部の変化に関わらず、生体の状態を一定に保つ性質のことです。
この機能が働いているおかげで、人間の体温はほぼ一定に保たれており、血糖値も、インスリンとグルカゴンによって常に大きな変化が無いよう保たれています。
血中カルシウムも同じく一定になるようシビアに保たれており、一気に血液中のカルシウム濃度が上がると、排泄するためのホルモンが分泌されます。
牛乳は液体のため固形物の栄養素よりも吸収率が高く、血中成分が著しく変化してしまいます。
一気に上がった血中のカルシウムは、身体の恒常性を維持する機能の働きによって、一気に下げられてしまいます。
血液中のカルシウム濃度をいち早く下げるために必要以上に多くのカルシウムを排出するホルモンが分泌され、骨や歯に吸収されないまま体外に排出されてしまうどころか、もともと体内にあった排出する必要のないカルシウムまで体外に出て行ってしまします。

せのびーるで効率よくカルシウム摂取

せのびーる カルシウム

牛乳に含まれるカルシウムが吸収できない理由には、血中カルシウムが急激に上昇してしまうだけでなく、牛乳の栄養バランスの悪さもあります。
カルシウムを効率よく吸収するには、吸収を良くする働きのあるビタミンDと、骨や歯へのカルシウムの吸着を良くする働きのあるマグネシウムを一緒に摂取しなくてはなりません。
カルシウムとマグネシウムの割合は、2:1で摂取することが理想とされており、マグネシウムが少ないと骨からカルシウムが溶け出し、体外へ排出され、骨がもろくスカスカの状態になってしまいます。
しかし、カルシウムをたくさん摂取しようと牛乳をたくさん飲んでも、牛乳にはビタミンDやマグネシウムがほとんど含まれていないため、カルシウムを吸収するどころか、もともとあったカルシウムを体外へ排出してしまい、カルシウム不足に陥ってしまう危険性すらあります。
成長期に必要なカルシウムを効率よく摂取するには、せのびーるがおすすめです。
せのびーるにはカルシウムだけでなく、カルシウムの吸収を良くするビタミンD、カルシウムの骨や歯への吸着を良くするマグネシウム、身体の調整機能を担うビタミンや、身体を作るたんぱく質の元となるアミノ酸など、たくさんの栄養素がバランスの良い状態で配合されています。
また、せのびーるにふくまれるカルシウムは牛乳由来のものではなく、消化吸収の良い貝カルシウムなので、牛乳が苦手な子や、牛乳アレルギーのお子さんでもせのびーるを飲むことができます。
※すべてのお子さんにアレルギーが出ないわけではありません。下記の公式サイトより、アレルギー成分等をご確認ください。
>>>せのびーる公式サイトはこちら<<<

栄養素はバランスが大事

”ドベネックの桶”という言葉や画像などを見聞きしたことはありますか?
これは、たくさんの栄養を摂取しても、どれか一つが足りていないだけで、全ての栄養素が不足してしまうという状態を表したものです。
下の画像が、”ドベネックの桶”です。

せのびーる 栄養バランス

画像を見てもわかるように、左側の桶はすべての栄養素が理想的な量とバランスで摂取できている状態です。
一方、右側の桶はいくつかの栄養素が不足しているがために、せっかく摂取した他の栄養素が吸収できずに桶の外(体外)へ流れ出てしまっています。
また、桶自体に穴が開いているなど、粗悪品であった場合には、摂取した栄養を貯めることはできません。
つまり、摂取した栄養素が体内で効率よく働くためには、さまざまな栄養素をバランスよく摂取することに加えて、栄養を吸収する身体が健康な状態でなければ意味が無いのです。
しかし、毎日の食事の栄養バランスを完璧に整えるのは到底無理な話ですよね。
栄養士の方が考えた給食を食べられない夏休みなどの長期間のお休みなどはとくにメニューを考えるだけでも大変で、朝から晩までのご飯の栄養バランスや、一日30品目などなかなか考えて作れないですよね。
せのびーるは食事だけでは不足してしまいがちなマグネシウムやアルギニンなど、いろいろな栄養素を配合しているので、背を伸ばすという目的だけでなく、不足している栄養を補って健康を維持するという目的にもおすすめのサプリメントです。

>>>せのびーるの栄養成分の詳細はこちら<<<

背が伸びる食事とは

背が伸びる セノビール

カルシウムはとても吸収率の悪い栄養素ですが、ビタミンDと一緒に摂取することで、効率的にカルシウムを体内に吸収することができます。
しかし、生活環境や食生活の変化によって、日本人のビタミンDの摂取量が減ってきています。
ビタミンDはしらす干しやいわし、身欠きニシンなどの魚に多く含まれています。
しかし、食生活の欧米化による肉中心の食事が増えたことや、魚嫌いな子供が多くなったことにより、食べ物によるビタミンDの摂取目安量を下回る日本人が増えています。
魚が苦手でなくとも、食欲旺盛な成長期の子供には、やはり食べごたえがあってボリュームがある肉料理が喜ばれるので、ついつい気を付けていても食卓に上がる機会が多くなってしまうのではないでしょうか。
私の息子も魚がニガテで、味や見た目もそうですが、いちいち骨を取り除いて食べるのが面倒だと言って、食卓に出すといやそうな顏をされてしまいます。
カルシウムはひじきや小松菜などにも多くふくまれ、ビタミンDは魚に多く含まれるため、食育も兼ねて和食を多く取り入れるようにすると、牛乳を飲まなくても自然と多くのカルシウムを摂取することが可能です。

マグネシウムの多い食材

カルシウムと一緒にビタミンDを摂取して吸収を良くしたら、マグネシウムも一緒に摂取して骨への吸着を良くしましょう。
マグネシウムは味噌や油揚げなどの大豆製品、あさりやハマグリに多く含まれています。
また、海藻類や木の実などにも多く含まれています。
いずれも日本食に多く使われる食材ばかりですので、毎日の食事で効率よくカルシウムを摂取するには、和食がおすすめです。
マグネシウムはカルシウムの骨や歯への吸着を良くするだけでなく、体内に存在するさまざまな酵素の働きを助ける役目もしています。
しかし、ビタミンDと同様に、食生活の変化によって国が推奨している一日の目安量をクリアするほどのマグネシウムを摂取している人は少なく、多くの人がマグネシウム不足となっています。
マグネシウムは体の外に排出されやすいミネラルなので、食べ過ぎたり摂りすぎたりしても害のあるものではありません。
身体の調整機能の働きを整えるためにもマグネシウムは重要なミネラルです。
毎日の食事に加えて、せのびーるなどのサプリメントで不足しないようきちんと補うようにしましょう。

>>>せのびーるの公式サイトはこちら<<<

カルシウムで優しい子になる!?

せのびーる カルシウム

カルシウムは身長を伸ばすために必要な栄養素というイメージが強くありますが、実はそれだけではありません。
カルシウムは脳の興奮状態を抑えてくれる効果があるため、イライラを抑制し、気持ちを落ち着かせてくれます。
栄養バランスが悪いとカルシウムを体内にうまく吸収することができなくなり、”キレやすい子供”になってしまいます。
また、カルシウムをきちんと摂取して興奮した状態の脳が落ち着くと、リラックスして入眠することができるため、成長ホルモンの分泌も活発になり、結果として身長を伸ばすことができます。

ストレスで低身長に!?

ストレス 低身長

イライラなどのストレスがたまると、食欲が落ち込んでしまったり、逆に、嗜好品を暴飲暴食してしまうなど、食生活が大きく乱れがちです。
栄養バランスの悪い食事は心だけでなく、身体にもストレスを与えてしまいます。
”低身長”とは年代別、性別の平均身長よりも背が低いことを言い、その平均身長よりも著しく身長が低い場合は”低身長症”や”小人症”という病気です。
低身長症は医師による薬の処方や治療が必要な場合もありますが、子どもの低身長症の原因の多くが”ストレス”であると言われています。
せのびーるは毎日の食事では不足してしまいがちなビタミンやミネラルなどの栄養素を1日2粒で補うことができます。
コンビニやスーパーのお弁当や、ファストフードなどは手軽で美味しく、便利ですが、どうしてもビタミンやミネラルなどの栄養素が不足しがちになってしまいます。
また、そのような食事をしていなくても、毎回の食事の栄養素を完璧に整えることはとてもじゃないですができないですよね。
せのびーるで不足した栄養バランスを整えてあげることで、自律神経のバランスも整います。
自律神経は身体と心のバランスを調整する働きをしており、自分の意志では自律神経をコントロールすることができません。
その自律神経が整えば心と身体がリラックスすることができ、ストレスを軽減させることができます。

ビタミンやミネラルをおやつ代わりに補給!>>>せのびーる

心の成長に欠かせないビタミン

セノビール 成長

6歳頃の中間反抗期や中学生、高校生の成長期の頃の反抗期と、子どもの心の状態がどうしても不安定になる時期があります。
しかし、この反抗期の時期は自立心が大きく芽生える時期でもあり、心の成長に必要なことなので、親としてはつらいこともたくさんありますが、出来る限りのサポートはしつつも、過干渉になりすぎずに、見守ってあげることが必要です。
反抗期の時期は、大人になりたい、親から自立したい、という気持ちと、まだ子供でいたい、親に甘えていたい、という気持ちが拮抗し、うまく表現できずにイライラしてついつい周りに当たり散らしてしまいます。
今現在成長期のお子さんを持つ親御さんであれば、だれもが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。
しかし、子ども本人はそんなことはわからないので、日々大きなストレスにさらされてしまうことになります。
ビタミンには身体のさまざまな機能を整える働きがあるのですが、心のバランスを整えてくれるものもあります。

ビタミンC
ストレスに対する抵抗力を高める働きがあります。
多くのストレスを受けるとビタミンCが消費されてしまうため、意識して摂取するようにしましょう。

ビタミンB1
乱れた神経の働きを正常にする働きがあります。
ビタミンB1が不足すると疲れやすくなり、心もストレスに対する抵抗力が低くなってしまいます。

ビタミンD
イライラを抑えるカルシウムの吸収を助ける働きがあります。
食べ物の他に、紫外線を浴びることでも体内で生成することができます。

マグネシウム
ビタミンではありませんが、身体の様々な機能の調節、維持に必要不可欠なミネラルです。
マグネシウムが不足すると神経が興奮しやすくなり、不安感などが大きくなってしまいます。

1日30品目や、1日の野菜摂取量が350gを超えていればほとんどの場合これらのビタミンやミネラルを摂取することができるのですが、小食な子やアレルギーがある子、野菜や魚が苦手な子は、食事だけですべての栄養をなかなか摂取することができません。
せのびーるであれば普段のおやつの代わりに2粒食べるだけで、なかなか目安量をクリアできない栄養素も手軽に補えます。
また、せのびーるにはたくさん食べても体に悪い影響を与えるような成分が入っていないため、目安量である1日2粒よりも多く食べても大丈夫です。
うちの息子も好き嫌いが激しく、お菓子ばかり食べていたので、せのびーるの目安量である1日2粒の倍の量である1日4粒をおやつとして食べさせています。
しばらくしたらせのびーるの量を減らそうかとも考えていたのですが、自然と他のお菓子を食べる量が減って、その分こちらで用意した食事を以前よりもしっかりと食べてくれるようになってきたので、今ではそのままの量を継続してもいいかな、と考えています。
せのびーるは現在、期間限定で1週間分のサンプルを500円でお試しできるモニターを募集しています。
モニター登録者限定のお得な割引もあるので、気になっている方やせのびーるの定期購入を考えている方はこのキャンペーン中に申し込みをするのがお得です。
キャンペーンの詳細はこちらの公式サイトから確認できます。
>>>せのびーる公式サイトはこちら<<<

背を伸ばすには運動が大事

背を伸ばしたい 運動

学校の体育の授業時間以外に、どれくらい運動していますか?
成長期の子供の身長を伸ばすためには、食事、睡眠、運動などの生活習慣がとても大切です。
運動が大切な理由は大きく分けて主に3つあります。

身長を伸ばすためには運動が大切な理由

成長ホルモンの分泌を促進

睡眠時だけでなく、運動時にも成長ホルモンが分泌されます。
成長ホルモンは骨と筋肉を成長させるため、身長を伸ばすためには欠かせないホルモンです。
また、室内ではなく屋外に出て、紫外線を浴びることで、体内でビタミンDを作り出すことができます。
ビタミンDはカルシウムの吸収を良くする働きのあるビタミンです。

肥満を予防

子どもだけでなく大人にも言えることですが、運動時間を増やすことで肥満予防となります。
日に日に身体が大きくなる成長期には、大人以上にたくさんの栄養が必要です。
しかし、身体が栄養を必要としているからといって、ただたくさん食べるだけでは肥満のリスクが高くなってしまいます。
よく食べ、良く動くことで、よく眠ることができ、肥満児童になるリスクも避けられます。

骨の成長を促進

骨は破骨細胞と骨芽細胞の働きによって新陳代謝を繰り返しています。
破骨細胞は文字通り骨を壊す(骨吸収)の役割を担っており、骨芽細胞は骨を作る(骨形成)の役割を担っています。
特に成長期の間は骨芽細胞の新しい骨を作る作用が破骨細胞の骨を壊す作用よりも大きいために、骨を縦に成長させ、背を伸ばすことができます。
この骨芽細胞の働きをよりよくするためにも、骨に適度な刺激を与える運動が重要となります。

せのびーる 効果 栄養

運動すると生活習慣が良くなる

運動をするとお腹が減り、食事をしっかりと食べられるようになり、身体が適度に疲れているので睡眠時に熟睡できるようになります。
身体が疲れていれば自然と夜更かしをすることも少なくなり、早寝早起きができるようになり、生活習慣を無理なく整えることができます。
先ほども記載したように、骨の新陳代謝を上げるためにも運動は効果的なため、学校の体育の授業以外にも積極的に運動する時間を設けるようにしましょう。

過度な運動は身体に毒!?

あまりに過度な運動は筋肉の緊張状態がなかなか取れず、身体がリラックスできないため、深い睡眠の妨げとなる恐れがあります。
また、過度な運動は骨の新陳代謝にも影響を及ぼします。
通常であれば成長期の子供は骨芽細胞の働きが強いのですが、骨に大きな負担や刺激を与えすぎると、破骨細胞の働きが大きくなってしまい、背が伸びなくなってしまいます。
何事も、過ぎたるは猶及ばざるが如しです。
息が苦しく、ツライと思うほどの運動量はやりすぎですので、心拍数と息が軽く上がり、楽しむ余裕があるくらいの運動を日常的に取り入れるようにしましょう。

昼間と寝る前の運動で良い睡眠を

身長伸ばす 寝る前

人間の体は、二種類の自律神経によってバランスが保たれています。
一日のサイクルの中で、昼間は交感神経が優位になっており、夜は副交感神経が優位となっています。
昼間の交感神経はドーパミンというホルモンの分泌量が増え、活発に動くことに適しています。
一方、夜になると副交感神経が働くため、メラトニンというホルモンの分泌が増えます。
このメラトニンは別名「睡眠ホルモン」とも呼ばれていて、脳を休め、身体を睡眠しやすい状態へと導く役割のあるホルモンです。
この二つの自律神経の働きの違いを利用して運動をすることで、その運動の効果を高め、成長ホルモンがより多く分泌するような深い眠りにつくことができます。

昼間は交感神経が優位に働き、ドーパミンが多く分泌されているので、サッカーやバスケットボール、バレーボールやジョギングなど、息が上がるような、身体をたくさん動かす運動をするようにしましょう。
ドーパミンは快感やヤル気、運動機能の働きを司る神経伝達物質です。
運動があまり好きではない子や苦手な子も、ドーパミンの分泌が多くなっている昼間の時間帯であれば夜に同じ運動をする場合と比べると、少ないストレスで運動することができます。
普段の運動量が少ない人は、急に激しい運動をするとケガをする危険性もあるので、徐々に運動量を増やすようにしてください。
昼間にしっかりと運動をすることでしっかりお腹が減った状態でキチンと夕食をとることができるようになります。
就寝時にはなるべく胃の内容物の量を減らしておきたいので、寝る時間の4時間前には夕食を食べ終わっている様にしましょう。
あまり早い時間に食べるとお腹が減ってしまうという人は、寝る時間の2~3時間前に腹八分目の状態で食べ終わるようにするか、マグネシウムの多いナッツなどを少量、夕食後に食べるようにしましょう。

夜の時間帯は交感神経に代わって副交感神経が優位に働くようになります。
睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌が活発になっている時間帯なので、まだまだ眠たくないと思っていても、身体は無意識のうちに休息に向かう準備をしています。
入眠しやすいようにだんだんと体温を下げる時間帯なので、急激に体温が上がるような激しい運動は避けるようにしましょう。
運動で上がった体温はなかなか下がらず、深い眠りに就けなくなってしまいます。
メラトニンが分泌されると脳がリラックスしはじめるので、さらにリラックス効果を高めて睡眠中にしっかりと休めるよう、ゆっくりとした呼吸でできるヨガや、ストレッチなどをすると効果的です。
身体が固い人は、湯船に浸かりながらストレッチをすると筋肉がよりよくほぐれ、身体の緊張がとけていきます。
この場合は、最低でも寝る1時間前には入浴とストレッチを終えるようにしましょう。
人の体は、睡眠のスイッチを入れるために、1~2時間かけてゆっくりと体温を落としていきます。
眠気を感じた時に手足がぽかぽかとあたたかくなるのは、体温を下げるために身体の末端から体温を放出しているからです。
体温を下げている途中に体温を上げてしまうと、また一からやり直しとなってしまうだけでなく、身体のリズムを無理やり崩してしまう事になってしまうため、寝つきが悪く、就寝中もリラックスして質の良い睡眠をとることができなくなってしまいます。

せのびーるでホルモンの分泌をサポート

理想の食事や運動方法など、頭ではわかっていても、いざ生活習慣を変えて実行しようと思うとなかなか難しいですよね。
できることから一つずつでも実行していくことが大切ですが、そうこうしているうちに成長期はあっという間に終わってしまいます。
毎日の生活習慣に気を付けつつ、せのびーるで成長ホルモンなどのホルモンの分泌を助けてあげることが、成長期にしっかり背を伸ばすには大切です。
せのびーるに含まれるアミノ酸の一種であるアルギニンは、運動時や睡眠時に出る成長ホルモンの分泌を促進させる効果があります。
また、RBS(米ぬか多糖体)には、成長ホルモンだけでなく、さまざまなホルモンの分泌を正常化する働きがあります。
食生活や生活習慣の乱れによって、近年の子供たちは身体の調節機能を司るホルモンが正常に分泌されていないと言います。
カルシウムなどの栄養補給も兼ねて、毎日2粒のせのびーるを食べることも毎日の生活習慣に取り入れることをおすすめします。

成長に必要な栄養がギュッ!と詰まってる!>>>せのびーる

RBS(米ぬか多糖体)って何?

RBS(米ぬか多糖体) せのびーる

RBS(米ぬか多糖体)は、名前からも想像できるように、日本人が古くから食べ親しんでいるお米からできている栄養素です。
普段の食卓では、”お米”というと白米と食べるお家が多いかもしれません。
しかし、お米の栄養は白米ではなく、お米を精製したときに落ちてしまう種皮や胚芽の部分に多く含まれています。
お米(玄米)の種皮や胚芽の部分には良質なたんぱく質や脂質、ビタミンB1が豊富に含まれているのですが、そのままだと非常に消化に悪く、ほとんど吸収することができません。
免疫力を増強する作用もお米の種皮や胚芽にはあるのですが、玄米をそのまま食べるだけでは、消化が悪いためにあまり効果を発揮できません。
だれだって子供の健やかな成長を願わない親はいないでしょうし、身体が健康でなければせっかく良い栄養を摂取しても吸収率や効率が悪くなり、背が伸びなくなってしまいます。
RBS(米ぬか多糖体)は、お米の種皮や胚芽の部分にキノコの成分をプラスして栄養価を高め、更に分子をできるだけ小さくして、身体で消化吸収しやすくしたもののことです。
脂肪やタンパク質はダイエットなどの観点では悪者扱いされがちですが、この2つは人体の細胞や組織を形成する主成分で、とくに子供には脳の発達にも関わってくる重要な栄養素です。
体内の細胞が活性化されるため、免疫力が向上するだけでなく、摂取した栄養素が体内で高いパフォーマンスを発揮して働いてくれます。
RBS(米ぬか多糖体)には、成長ホルモンをはじめとしたさまざまなホルモンの分泌を正常化する作用も認められているのですが、セノビーやアスミール、セノビックなどのこれらの子供向け成長応援サプリにはRBS(米ぬか多糖体)が入っていません。
成長期に必要な栄養に加え、アルギニンとRBS(米ぬか多糖体)が全て入っているのはせのびーるだけです。

>>>せのびーる公式サイトでRBS(米ぬか多糖体)の詳しい情報を見る<<<

そもそもせのびーるって安全なの?

大切なわが子に与えるものですから、安全性に関してはすごく気になりますよね。
身体のすべての基礎が出来上がる成長期の時期なので、子どもが口にする食べ物にはこだわっているという方も多いのではないでしょうか。
せのびーるは国産の原料を使って、国内の工場で生産されています。
また、410種の残留農薬試験、ヒ素・重金属、放射能分析試験、急性毒性、亜急性毒性、変異原性、感染抵抗性、抗原性、炎症抑制予備試験にすべて合格しています。
とくにサプリメントは半年や一年など、効果を感じるまでにある程度の長い期間飲み続けなければいけないため、せのびーるのように効果だけではなく安全性にも納得して、安心して飲めるものを選びたいですよね。

せのびーるに副作用は無い

せのびーるは口コミで背が伸びると評判の高いサプリメントですが、薬ではないため、副作用はありません。
以前、”身長を伸ばす薬”と検索をしたら、酔い止め薬を飲むと良いといった内容が検索結果に表示されていました。
酔い止め薬なら薬局などで気軽に手に入れることができるし、子ども用のものも販売されているのでいいかな、と思い購入を検討したことがありました。
しかしよくよく調べてみると、酔い止め薬は毎日のように飲み続けると危険な副作用があることがわかりました。

酔い止め薬に含まれるメクリジン(メクロジン)という成分に骨の伸身促進作用があるという内容の研究データが名古屋大学から発表されたことがきっかけとなり、さまざまなメディアにこのニュースがとりあげられたそうです。
日経新聞にこの研究結果の詳細が掲載され、人気テレビ情報番組『ホンマでっか!TV』でも”酔い止め薬で身長が伸びる”と紹介されたり、ネット掲示板である『2ちゃんねる』でも”メクリジン(メクロジン)で背が伸びた”との書き込みがあったことなどによって話題になったそうです。
しかし、酔い止め薬は短期的に飲むことを想定して作られたお薬で、長期間にわたって毎日飲むことは想定されていません。
つまり、短期的にスポットで飲むということが大前提となっている場合の安全性は確認されていますが、長期的に飲む場合は危険を伴うということです。
実際、骨の伸身促進作用が認められたのはマウスでの実験のみで、人体の実験ではまだそのような研究データが集まっていません。
メクリジンに含まれる強い副作用のせいで危険性が高いため、人体への実験や、背を伸ばすための薬の開発には未だ至っていないのです。
酔い止め薬に含まれるメクロジン(メクリジン)には、眠気の誘発、口腔内の渇き、排尿困難、眼圧上昇などの副作用があります。
どれも怖い副作用ばかりですが、とくに眼圧の上昇については白内障を引き起こしたり、最悪の場合は失明をしてしまうケースもあります。
テレビやネット、新聞で話題に取り上げられたからといって、背を伸ばすために酔い止め薬を服用するのはリスクが大きく、おすすめできません。
また、当然ですが、酔い止め薬の効果の欄には”背が伸びる”などの記載は一切ありません。
乗り物酔いを防ぐためのお薬ですので、用法・用量を守って飲むようにしてください。
酔い止めのお薬は薬局などで手軽に購入することができる身近なお薬ですが、CMなどでも必ずアナウンスが入るように、飲み方を誤ると体に悪影響が出てしまいます。
どんなに弱いお薬でも、日頃目にする機会の多い馴染みのあるお薬でも、副作用が無いお薬はありません。
どんな薬にも多かれ少なかれ必ず副作用があります。
しかし、せのびーるはお薬ではなくサプリメントなので、そんな副作用の心配はありません。
一日あたりの摂取目安量が二粒とありますが、それより多くせのびーるを服用しても問題ありません。
私の息子はお菓子ばかり食べて、用意した食事をなかなか食べてくれず、栄養の偏りが心配だったので、目安量の倍量である四粒を毎日のおやつとしてお菓子代わりに食べています。
せのびーるにはたくさんの栄養成分が含まれていますが、どの成分も副作用が出るようなものは使用しておらず、たくさん摂取したとしても体に悪影響を及ぼすような成分は入っていないそうです。
>>>せのびーるに含まれる成分の詳細はこちら<<<

せのびーるはたくさん飲んで効果がアップ!?

セノビール 効果

せのびーるには副作用がなく、摂取目安量よりも多く飲んでも体に悪い影響が出ることはありません。
それだけでなく、早く良い効果を実感したい場合は、せのびーるをたくさん飲むと良いとも書いてありました。
たしかに、せのびーるに含まれるカルシウムの量を見てみると、一日あたりの摂取目安量の39%と、セノビックやセノビーなどに比べると少し少ない数字に感じます。
しかしこれは、毎日の給食で牛乳を200ml飲んでいれば、そこにせのびーるをプラスするだけで摂取目安量に届く量です。
森永製菓が出しているセノビーも、すごく多くのカルシウムが含まれているように感じる数字が記載されていますが、あの数字はセノビー単体のカルシウム含有量ではなく、セノビーを牛乳に溶かした時のカルシウムの量が記載されているのです。
普段、食べ残しなどもほとんどなく、きちんと一人前の量の食事がとれる子であれば、せのびーるは摂取目安量の二粒で十分な栄養のサポートができると思います。
私の息子の様に偏食でなかなか一人前の量の食事がとれないこどもには、成長期に必要な栄養が不足しないためにも、少し多めのせのびーるを食べさせてあげるといいかと思います。
せのびーるのモニターに登録して一週間のサンプルを試しているときに私も一つ食べてみたのですが、飴のように口の中で溶かして食べるとほんのりと甘く、ココアの良い香りが口いっぱいに広がって、すごく美味しかったです。
サプリメントなのに”美味しかった”というのは少しおかしいかもしれませんが、本当にお菓子の様に手軽に食べられて、子供にも、「もっとちょうだい」と言われるほどです。
変なお菓子をおやつに食べさせるよりかは、砂糖の量も少なく、栄養価の高いせのびーるを食べてもらった方がいいと思っています。
せのびーるなら、お薬が大嫌いだった息子でも自分から進んで食べてくれるので親としてはとても助かっています。
何より、子どもが「美味しい」と嬉しそうに食べてくれる笑顔は嬉しいですよね。
息子には私や主人のように、身長が低いことで悩んでほしくないので、成長期が終わるまで毎日せのびーるを飲ませようと思っています。
(父親の身長+母親の身長+13)÷2
という計算式を利用して出てきた予測身長である166センチよりもプラス10センチ、できれば15センチは伸びてくれたらいいなと思っています。
せのびーるで栄養のサポートをし、家族みんなで運動する時間を作って、朝早く起きるようにするなど、家族全員で楽しみながら続けていきたいと思います。

セノビール モニター

 

おすすめ関連記事

せのびーるのクチコミ一覧


セノビール 口コミ


心と身体の成長応援サプリとは


せのびーる 身長 サプリ